読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

torinikugobouのブログ

備忘録的に、ライトな日記綴り。

何かを書くこと

今週のお題「私がブログを書く理由」

 

昨年、手帳を買ったんです。わりとずっしりくる感触で、万年筆でさらさら~と書いたら楽しそうなやつ。

3か月ぐらい書いて、放置となりました。

自分の中の整理としては良かったし、こまごまとしたチケットやショップカードなど貼り付けて満足していたんですが

なんか

無理やり書いている感がふくらんできたんです。

 

誰かに見せるわけじゃないので、細かに「どこへ行った」「何を見つけた」「うれしかった」「おいしかった」という個人情報満載の日記や

「これはこうだった」「こう思った」「結果こうなった」という具体的な出来事の分析や心情の吐露など

見返して楽しかったり認識をあらたにしたりのツールではありました。

絵を描いたりね。

なんとなく、充実している気分。

 

が、そのうちに、書いていても愉しくなくなってきました。

うれしいことがあって、書いても。考えをまとめたくて書いても。

たのしくない。

 

「ああ、私は、無理をしている」

 

そう感じてやめました。

せっかく用意した手帳、埋めたいじゃないですか。文字とか絵とか切符とかそういう思い出で。

「だから~しなきゃ」「するべき」

そんなオバケがとりつきました。とりついた瞬間から、楽しさは消えてしまう。

あとで、たのしくないのに書いた何ページかを見直しても、何も、感じなかった。

書きたくて書いた部分や残したい!と思ったページは、すごく共感(自分に!)するし、その日の出来事が浮かんで楽しい気持ちになるのに。

 

それで、手帳の日記(や、何かについての考察・記録)はやめました。

 

 

日々、何かしら行動して生きているわけですよ。

本を読んで「これおもしろい! なるほど~……」と、思うだけ

映画を観て「構成がいいなあ納得だわステキ……」と、思うだけ

出先で起きたアレコレも、部屋でひっそり思考をめぐらすことも、ただそれだけ

 

なんか、もったいないなあ。

しまいこむの、つまらないなあ。

 

と、何かに残したい病(たぶん病だと思う)が再びむくむくと。

結果、気楽に書き残せるブログを書いています。

思考を言葉にして文章にするという作業が、好きなんですね、たぶん。

書いているうちに、出来事に対してもっと考えたり深く感じたり、できるような気がする。

何かを書くことが、自分という個体を認識するのに一番楽しい手段、そんなふうに思っています。

できるだけ、楽しみ続けたい。

だから

 

「ねばねば」の義務オバケが顔をのぞかせたら、ぱたっと書く手を止めて

じっくり様子を伺い待ちます。

「したい考えたい」の書きたい病オバケに変身してくれるその時を。