読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

torinikugobouのブログ

備忘録的に、ライトな日記綴り。

わたしの一足

今週のお題「わたしの一足」

 

小学生の頃、富士山へ行った。

学校の行事で、途中まではバスであがりそこからしばらく歩くというもの。

事前に、服装についてプリントが配られた。

「靴は、はきなれた靴をはくこと」

私にとって「はきなれた靴」というのは、こんな靴だった(名前がわからない)

f:id:torinikugobou:20160525200952p:plain

靴ひものない、子供用の絵柄が印刷されている、するっと履ける靴。

持っていた中で一番履いていたので、「はきなれた靴」だった。

でも、山だよね。これでいいんだろうか。

「富士山」というキーワードに多少不安を感じたが、新しく登山用の靴を買ったとしても「はきなれた靴」の定義から外れてしまう。親も何も言わなかったので、そのまま参加した。

 

超ショックだった!

周囲の子供はしっかり紐で結ぶ靴ばかり!

 

足元は小さな小石が無数にあって、歩くたびにひやっとする。するっと履ける靴は、かかとが外れやすい。歩くすぐ横は斜面で、うっかり脱げでもしたら簡単に滑り落ちて行くだろうこと、想像できた。いきおい、視線は常に下向き。

 

富士山の印象≒靴と小石

 

少し苦い経験になった、子供の頃の「わたしの一足」。