読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

torinikugobouのブログ

備忘録的に、ライトな日記綴り。

追記のひるね姫旅行カーナビの話とおまけの高松空港

カーナビを信じられない。

昨年こんなことがあった。土地勘の無い場所の初めて行く神社にお参りへ行った。カーナビに出てきた神社の名前で登録、案内開始。

スムーズに進んでいたと思ったが、もうすぐ神社というところで突然の砂利道、車一台通れるかどうかという細い道、どう見ても個人的な私道だろうという道へ誘導された。あげくの果てに迷い込んだ場所で「案内を終了します」。

おいおい待て待て。今いる場所と神社、川で隔てられてるんですけど。どうやってもたどり着けないだろ。さっき、わざわざ橋を渡ったよね? 渡れって指示したよね? そこ渡らずにまっすぐ進めば神社のふもとについたんだけどなぜ川向うに誘導しましたか。

神社の駐車場があるのかと誘導されるまま従っていたが、この状況はどう見ても個人の土地に入り込んだ他府県ナンバーという様相。すみませんすみません。

カーナビへの信頼度がぐっと下がるのも致し方ない。

というわけで、それ以来半信半疑でカーナビの指示を聞いているのだが、今回の岡山倉敷ドライブではまた別のことが起こった。

 

me まずスタンプラリーだよね

he えーと名前から検索……「し・も・つ・い」あった、下津井港。案内開始っと

~そしてしばらくの走行~

me あれ、案外近いんだね。ここで高速降りろって。降りるの?

he いや、瀬戸中央自動車道走っていこう。SA寄りたいし。

me ふむ……なんか、到着予定時刻がどんどん伸びてるんですけど

he うーん、下道の方が近い判断なのか。しかし高速を選ぶ

me えーと、走っているとさらに伸びてるんですけど。登録地点からどんどん離れるってさすがにおかしい

 

そんなわけでSAに車を止めて確認。

登録してたのは、岡山市の居酒屋さんでした……。そりゃ倉敷市の南に向かってたらどんどん離れるわな。

でもさー、倉敷観光のサイト見ても「下津井港」って紹介のページあるしさー、そっちの「下津井港」も目的地候補に入れてくれていいんじゃないのかなカーナビさん! 飲食店なんて指示出してないよ!

同名の別の場所(しかも本来の目的地は候補にあがらず)なんて罠があることを知った日でした。

 

で、それとは別の日なんですが高松空港に行けたのでその時の写真貼っておきます。

f:id:torinikugobou:20170527101713j:plain

(たぶん、ココネが隠れて様子を見ていたところ)

 

f:id:torinikugobou:20170527101801j:plain

(たぶん、ヒゲの部下がいた二階。お客さんはモザイクで隠した)

 

f:id:torinikugobou:20170527102000j:plain

(見覚えのある空港駐車場の柵)

 

f:id:torinikugobou:20170527102108j:plain

(見覚えのある坂と道)

 

高松空港ねー、よかったです。すごくよかった。めっちゃ両手におみやげ購入して帰りました。たんまり。

その日は気の向くままドライブで海越えたり山越えたりうどん食べたりしたんですけど、なかなか買いたい品に出会わなかったんですよ。

それが高松空港のお店にはお酒あり鳥肉ありうどんもうどんグッズもありと、いろいろ揃っていました。一か所のお店に見えても実は何店舗かに分かれていて商品も店ごとに会計と、ちょっと独特な感じなところも面白かったです。

 

このときのカーナビは、新しくできた道が登録されていなかったらしく遠回り設定してきた記憶があります。やっぱり、最後に頼りになるのは運転者の判断ですね……。

映画 メッセージを観てきた

宇宙ものは好きだけど、怖いのは見たくないのでタイトルからビビッて鑑賞対象から外していた映画を観てきた。

www.message-movie.jp

各種検証をされているブログを読んでいたら

ちょっと残念なのが、ばかうけの話ばかりでこの映画が話題になっていることです。少なくとも原作は名作の部類に入るので、内容についてもみなさん呟いてほしいなあ。

 とあって「あ、ホラーだと思ったのは私の誤解だったのか。感謝感謝~観に行こう~(*´▽`*)」と出かけた。

(原作は「あなたの人生の物語」)

あなたの人生の物語

あなたの人生の物語

 

原作未読。以下、まだぼんやりした感想。

……を書こうとしたのだけど、物語の基礎になる部分は「知らないなら知らないまま観たほうがいい」ような気がするんですよね……知らないまま観て「ああ、知らなくてよかったな」と思ったので。

そのようなわけで、映画を観ながらふわっと頭に浮かんだことを書いておこうと思います。

 

「あゆみちゃん」を思い出した

私は新井素子の「星へ行く船」シリーズが好きだ。つい先日新装版が発刊されて、嬉々として買い揃えた。ご本人が「決定版」とあとがきに書くぐらいの作品で、事実たくさん手が入れられ「矛盾も少なくなった」とこれまたあとがきに書かれているお話。この主人公が、あゆみちゃんだ。

星へ行く船シリーズ5そして、星へ行く船

星へ行く船シリーズ5そして、星へ行く船

 

地球外生命体との接触の話ならいくらでもあるのだろうけれど。「謎の知的生命体(映画公式サイトより)」との意思の疎通って大変、と、ぼんやり思った。

 

ひるね姫」を思い出した

どこがどう、とはっきりした言葉にはできないのだけど、物語の主人公、そして彼女が見る夢のような映像との関係が、どことなく重なって見えた。

夢、アニメといえば「君の名は」もあるけれど、そちらの「本人と夢の関係」はなんとなく違って思える。理由不明。

 

ばかうけ」のこと

似てると言えばそうなのかもしれないけれど、ばかうけ自体あまり食さないので柿の種でいいかな、でも柿の種にしては巨大だよね。と、映画の謎の物体を見て思った。一瞬思ったけど、その後は映画の内容を追っていたので「そんなこと考えたなー」と思い出したのは今ブログを書いている最中。

 

スタートレック」を思い出した

テレビシリーズのDVDを何年か前に購入した。ディスク10枚組。

宇宙大作戦 シーズン1<トク選BOX> [DVD]

宇宙大作戦 シーズン1<トク選BOX> [DVD]

 

昔のテレビシリーズなのでめっちゃスタジオ撮影感のある映像。しかし、その限られた空間から展開する物語は大きい。映画を観て頭に浮かんだのは、この画面の雰囲気です。どことなく。

 

うーん、これぐらいかなあ(*'ω'*)

ひとつの映画を観ることで、他の作品内容をあらためて考える機会になる相乗効果、

いい映画を観ることができたなーというのが今書ける感想です。次は原作の小説の方を読んでみたい。この映像を文字ではどんな風に進めていくんだろう。かなり不思議に思っています。

映画の景色を見に行った ~ひるね姫の倉敷~

ちょっと前になるのだけれど、5月の初旬に岡山県倉敷市に行った。

目的は映画「ひるね姫~知らないワタシの物語~」の主人公が暮らす町と、その景色を見ること、with、ひるね姫×くらしき スタンプラリーキャンペーンを、自家用車で。

映画で観た風景を「これなのね~(*´▽`*)」と目にし大変満足してきました。

 

行って良かったです。そして、体験してやっと理解できることってあるよね……。

というわけで旅行の感想。映画の内容も含まれる。

体験して理解できたことみっつ

ハートランドが本当にあったこと。

倉敷の情報を集めて見つけた、「2017ハートランド倉敷」という催し。あれ、映画に出てくるハートランドって空想の産物ではなかったんだ。映画に出てくる国の名前にしてはずいぶん素直なネーミングと感じていたら、元があったのね。納得。

何年か前の情報にも「ハートランド倉敷」とあったので、ずっと続いているイベントのよう。

当日は倉敷美観地区の会場を散策しましたが、大変な賑わいでした。気付くと何かしらの演奏が聞こえたことや、大勢の行き交うひとの楽しそうな姿が印象的。

ハートランドの渋滞は本当だったこと。

まずはスタンプラリーをと児島、下津井へ。映画で観た景色の場所巡りをしました。渋滞はそのあと。

ひととおり巡り終わってようやくハートランド倉敷イベントへ向かったのですが、だいぶ手前から渋滞することが多くなり、会場へ近づくにつれもうぎゅーぎゅーな感じに。あとちょっとの距離にたどり着かないもどかしさ。

イベントだし、ゴールデンウイークだし、そりゃ普通に考えて混雑するよね。

しかし、翌日倉敷駅から岡山駅方面へ向かったときにも再びかなりの渋滞に出会いました。たぶん、休日は恒常的に渋滞が起きる街なんだと思う。

倉敷市が広かったこと。

映画の中でハートランドと岬のピーチハウス(で、いいんだろうか。エンシェンとジョイがお留守番してて、ピーチが帰宅した場所)はだいぶ雰囲気が違いましたよね。城からは渋滞や海からやってくる鬼が見えるのだから、近い場所なのかもしれない。けれど、それにしては土地の印象がかなり異なる。

で、実際瀬戸中央自動車道を使って現地へ行ったんですけど、スムーズに流れているわりになかなか到着しませんでした。倉敷ジャンクションから児島まで。倉敷市って広い。そして、児島・下津井あたりの雰囲気と倉敷駅周辺を歩いて見た景色はだいぶ違っていました。

「岡山の次は倉敷~、倉敷市内なんだから橋まですぐ!」と思いこんでいたので、余計に遠く感じたのかもしれないですが、やはり、距離があるから違いもあったのかと。

f:id:torinikugobou:20170525173855j:plain

(足元に印がついていて、映画の場面と同じ景色とわかる「ビュースポット」から撮った橋の風景)

  

「映画の景色とそれを見せる工夫(ビュースポットとわかるようにされた路上。映画場面と説明印刷のシール貼りつけ)が素晴らしい!」以外の映画関連としては、上のみっつが主な感想。

以下、印象に残ったことなど記録。

鴻ノ池サービスエリア(下り)の田舎うどん

おなかすいて入りました。メニュー見たら田舎うどんってあったので、なにかこちらの方には普通でもよそから来た人には「おお、この土地ならではかな(*´▽`*)」と思える気がして注文しました。

「おおっ(゜o゜;;)」と思いました。

f:id:torinikugobou:20170525175427j:plain(田舎うどん。煮込まれた大根がとってもデカデカとしている。ジョイは私物)

味や具材は豚汁です。ですが、知っている豚汁とは具の大きさが全然違う。大根大きい。いっぱい入ってる。食べ進むとどんどん汗が出てきます。身体ほかほか。

人気メニューが豚汁であることにも納得。びっくりした。おいしかった。癒された。 

スタンプラリーのシステムが利用者に丁寧

スタンプラリーはスタンプの設置場所のすべてどこでも応募ができる仕組みになっていました。特定の場所や帰宅後郵送でというスタンプラリーしか知らなかったので、利用者に親切便利なシステムだなあと思いました。

f:id:torinikugobou:20170525181657j:plain

(スタンプ設置場所のひとつ、「むかし下津井回船問屋」。ハーツのパネルがありました)

スタンプが、プラスチックケースを被せて保管される仕組みにも好感。丁寧な印象を残し、しかも誰でも扱える。管理者の負担と利用者の利便、両方きっちり考えて作られているんだなあと思いました。丁寧な検討の上実施されたんでしょうね。8つある設置場所のどこでもスムーズにスタンプを押すことができました。

倉敷の魅力

上のスタンプラリー話の続きみたいなものなんですが、これがあったおかげで検討すらできなかった場所に行き、見て、楽しむことができました。

検討ができないというのは、そもそも自分に倉敷についての知識がなく頭に浮かぶのは倉敷駅近くの美観地区だけだから。そのため、海の際に何があるのかを調べようとは思いつけません。

でも、スタンプラリーだからと行ってみて、お気に入りになった場所がいくつもありました。

f:id:torinikugobou:20170525184402j:plain

鷲羽山レストハウス近辺からの眺め)

レストハウス近くはたくさんのひとが橋、船、橋の下を走る電車、それらを統括する広大な景色をながめていました。

遠くまで続く橋をまた眺めに行きたいです。

f:id:torinikugobou:20170525184616j:plain

(5月初めに訪れたので、キャラクターの描かれたこいのぼりを見ることができたベティスミス)

ジーンズミュージアムがあるベティスミスでは、アウトレットショップも運営されていました。この品物が! この価格で!? ひゃっほー(∩´∀`)∩♪♪♪ でした。スタンプラリーの中ではかなり長居した。

f:id:torinikugobou:20170525185203j:plain

(児島ジーンズストリートキャラクターの「Gパンだ」)

旧野崎家住宅は児島ジーンズストリートの一画にありました。もう予定が! 詰まっていたので!! 1店舗しか見れなかった!!! 今度行ったら端から端まで全部見たい!!!!

 

ハートランド倉敷が開催されていた美観地区も、もちろんまた行きたい場所です。森田酒造さんのお店や、手作りアクセサリー販売の露店めぐり、時間が無くて行けなかった大原美術館。それに阿智神社。

f:id:torinikugobou:20170525192926j:plain

岡山県指定天然記念物「阿智の藤」)

宗像三女神主祭神の神社、またお参りに行きたい。訪れた日は藤まつりが開催されていて、雅楽の演奏も耳にすることができました。美しかった。

 

ひるね姫の映画がきっかけで訪れた、岡山倉敷

それぞれずいぶんと急ぎ足で回りましたが、どの場所も「もっとじっくり見ていたい」場所でした。

実際に映画の場所を訪れ原風景を見たことで、ココネやモリオの足取りというか「現実とリンクしている映画世界」という気持ちが生まれました。映画だけでもかなり現実っぽく感じていたのですが。彼女たちの「生きている感」がものすごーく感じられるようになったように思います。

行って良かった(●´ω`●)

ひるね姫がすき

f:id:torinikugobou:20170425183608j:plain
観る前から観てる最中から鑑賞後まで思い出したり考えたり
もっと纏めてからと思っていたけどすでにスケジュールからこぼれ落ちた映画館が増えていたので取り急ぎの感想を。

グッズ買った。メカ絵柄の缶バッジと青い犬のマスコット。
ガチャもした。4回。
くじ(一番くじ)もした。ハンカチ(ミニタオル?)貰った。
映画館めぐりして、青い犬の大きなぬいぐるみもようやく買えた。どうしても欲しかったらしい。
パンフレットはもちろん買った。小説版は角川を。

ぐらいに、気に入った。そのうち倉敷まで景色を見に行くかもしれない。

映画に登場した、景色がすき。ひとがすき。話の流れがすき。
名前の付け方やそれぞれの立場、今を生きている状況。
そういうのがごった混ぜのようでいてきれいに繋がっていて予告やポスターで見た時の子供向け?ティーンエージャー向け?なんて感じた気持ちはきれいに裏切られた。こんな作品に出会えて嬉しい。

ネタバレなしで書くとこんな感じ?
タイトルからして自分の経験からかなり明後日の方向に意味合いをつけてしまって楽しくて仕方がない。
劇場では2回しか観てないけど、円盤出たらこれも買う予定。

ああ、その前にシン・ゴジラ買わな。メモ。

キングコングをもう一度観たい 髑髏島。

ここのところ、出先で時間の落とし穴を見つけては映画を検索する。
映画館での映画観賞は、のんびり座っていられて楽しい時間も過ごせるので休憩にはピッタリ。気分転換と隙間時間の活用に利用している。
ただ、あいた時間に当てはまるスケジュールの作品が、見たかった映画とは限らないけれど。

【最近見た作品】
モアナと伝説の海
シング
キングコング 髑髏島の巨神
パッセンジャー

興味を持っていたのはシングのみで、あとは気にしていなかった。でも、モアナは他D作品との対比が面白かったし、シングは即CDを買った。キングコングはわりとビビったし、パッセンジャーは無重力状態の表現に感心した。
どの作品も、いいなと思うところ疑問が残って気になるところがある。
ただその中でも再び観たい! と思ったのは断トツで「キングコング」だった。

ところで「だんとつ」という言葉は「断然トップ」の略であることを、初めて知った。検索したらそう出てきた。マジか。
「断突」で断然突出している様子を表した熟語と思っていたので、日本語と英語のミックスだったことに驚愕を隠しきれない。(゚Д゚)←こんな顔になった
閑話休題

キングコング:髑髏島の巨神
(原題 KONG:SKULL ISLAND)
PG12
f:id:torinikugobou:20170330170112j:plain

予備知識はほぼ無い状態で観た。初代の映画作品も未視聴。でも初代のイメージはおぼろげにある(ビルに登って手に女の人つかんでる構図)。
今回の作品に関しては、別映画上映時の予告ムービーとして3人の日本人が解説する映像を眺めたぐらいだ。

キングコング→でっかいゴリラ
スカルクローラー→トカゲ?

この2点。
誰が最も強いのかを語っていたので、(ジュラシックパーク系列のもうちょっと激しい感じかな)と思っていた。
間違いではない。間違いとは言い切れないんだけども。

なんか、それだけじゃなかった。どっちゃり。いろいろ詰め込んでる様子。深く考えずに「うわっ」とか「ふむふむ」とか見ているうちに予想されるであろうエンドへ向かうように思えたが、それで終わりじゃなかった。
「ちょっとビビったけど、気負い無く見れる感じ? こういう作品もいいな」とエンドロール眺めていたら、それに続く映像、内容に動揺した。
「うわあああー(゚Д゚)ソウイウコトカ!」
という動揺、それと興奮。
シン・ゴジラで叫びだした巨災対安田さんの「うわあああー(゚Д゚)」が脳内で展開しているような気持ち。もちろん叫んでたのは脳内で、実際は黙ってましたが。

それを踏まえて、また観たい。
できればIMAXで観てみたい~(・∀・)迫力凄そう!